残った者を煩わせない永代供養墓と言う選択

バナー

残った者を煩わせない永代供養墓と言う選択

墓参りが出来ない、身寄りが無い、などの際に、寺が代理として供養を努めるのが永代供養であり、その墓の事を永代供養墓と言います。


この墓は一般の墓とは違い、他人と同じ納骨堂に安置されて供養される事から、合同墓、合祀墓などとも言われています。



また、寺によって名称が変わり、供養塔、永代納骨堂、倶会一処墓など呼ばれる場合もあります。

永代供養墓の管理、供養方法は寺によって勿論違いますが、一般的には、土へと還す合祀、33回忌や50回忌など長期に渡ったのちに安置する合祀、お骨の1部を永代として扱い、残りを安置するなど幾つかの方法があります。

永代供養墓に関する情報満載のサイトです。

また、春と秋の彼岸時期と、盆に合同供養が行われるほか、毎月の供養、祥月命日、回忌供養などが行われます。
永代供養墓にも当然ながら料金がかかりますが、個人の墓を立てる必要が無く、墓地の使用料金が安くなるなどの観点から、比較的安価で収まる場合が多く、一式で10万円から100万円の間と言われています。

一式費用には、供養料、納骨法要のお布施、墓誌に打刻する刻字料金などが含まれていますが、費用同様、一式内容も寺によって変わります。

ロケットニュース24を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

平均40万前後と考えるのが良く、その料金でその後の管理費、寄付金なども含まれているため、時間と供に新たな料金を徴収されるという事はありません。永代供養墓は多くの寺、墓地で行われていますが、その料金体系や合祀方法には大きな違いもあるので、問い合わせや資料を請求し、比較検討する必要があります。

Copyright (C) 2015 残った者を煩わせない永代供養墓と言う選択 All Rights Reserved.